太刀魚の釣り方



太刀魚(タチウオ)てどんな奴?
まずは 写真の見てみましょう (クリック

近年特に、ジギング(ライトタックル)での釣りが 脚光を浴びている タチウオ! イカ と同じで 「お化け」 と呼ばれ ある時は 浅場でガンガン釣れたと思えば 翌日には 全く違う深場で釣れたり  全く釣れなくなったり と 勝手気ままな魚です。
タチウオは、水圧の変化に大変強く、立ち泳ぎや バックで泳ぐことが出来 且つ 鋭い歯を持っているなど 高度に進化した魚だそうです。 典型的なフィッシュイーターで、鰯、アジ、サバ、コノシロ、キス などなど 何でもOK!共食いまでしちゃいますから その獰猛さが わかるというもの。

釣具は?
ロッドは オモリ負荷 100号〜150号 対応 の 2.4mから3.0mくらいのもの
ちなみに ロッドアートの ロッドは こちらです  (クリック)
リールは、 ダイワなら500番手前後 シマノなら3000番手前後
静岡県のタチのメッカといえば、焼津沖、大井川沖 ですが、片天秤 または 両天秤 水中ライト ハリス8号 タコベイト の2本針が標準です。 天竜川沖の一部では、片天秤 の 1本針 を 標準にしているところもあります。
仕掛けの一例はこちら (クリック)


餌の付け方は?
餌 は 主に 秋刀魚切り身です。 サバの切り身も使いますが、身がやわらかく、匂いの強い秋刀魚の方がよいようです。秋刀魚を三枚にして、斜めにカットします。 長さ10cm前後。 付け方は、「チョンガケ」 で 水中で ヒラヒラ 動くようにして下さい。 喰いが渋い時などは、 縫いざしにして、 さらに一切れをチョンガケするなどします。 餌付け一つで、釣果が変わる時がありますので 色々試してください。 大型を狙って、冷凍秋刀魚を一匹使ったり、2つ割にして使ったり、生きた小アジ を使ったりすることもあります。

釣り方は?
釣り方には いくつかのパターンがあります。 まず、指示棚前後を 持ち竿で 手で巻きながら・しゃくりながら誘って食わせる という基本形の釣り方です。 少々先調子の竿で、置竿にして、棚は一定にして 誘いはロッドの調子に任せて釣る釣り方。(本当に喰いが渋い時に時々やります)
最近、 駿河湾・遠州灘でよく行われる釣り方は、軟調子の長目のロッドで、指示棚前後を 電動リールの低速で巻き上げ、当りが出たら、巻上げを止めて 食い込むのを待つ という釣り方。
大まかには この3つのパターンに集約されると思うのですが、巻き上げてくるスピードや、当があってからの 対処は その時々で変わってきます。
小細工しなくても、ガンガン喰ってくる時は、1尾ついたら 追い食いさせて2尾づつあげましょう。

当たり方と対処方
釣り方 と 太刀魚の 活性度合いで その日の あたりの出方が違います。 時間帯でも変わってきます。「コツコツ」と来たり、一気に〆こんだり、ズ〜ンと重くなるだけだったり、 あるいは 喰い上げて来たり と いろいろです。
共通しているのは、最後は 「合わせ」をくれる ということです。向こう合わせ状態の時も多々ありますが、念のために 一度はロッドをあおりましょう。

タモ入れ
太刀魚の場合、タモがズタズタになりますので、タモ入れはしません。(よほど大きいのがきたら別ですが・・・)手早く、抜きあげてください。

〆方
頭の後ろの側線(背骨)を断ってしまえば完璧です。ただ、アジ釣りのように 「戦争状態」になる時が ありますので、そんな時は、首を折ってしまえば手早く出来ます。血抜きをする意外に、体表を傷つけないように「暴れなくする」 ということもあります。




リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.