サヨリてどんな奴?
まずは →写真を見てみましょう 


お刺身 や にぎり 塩焼きなどで 馴染みのあるお魚です。 サヨリは、 秋刀魚のようなに 40cmを超える大きさにまで成長します。 釣りの対象として、鉛筆サイズ から 30cm 位までが一般的です。 また ほぼ通年にわたり、秋刀魚サイズだけ狙って 釣りをするマニアもいます。 サヨリは、ビギナーからベテランまで 釣りファンの多い 魚種のひとつです。 春 産卵のために接岸し 湾内にも入り込んできます。 いわゆるノッコミです。 4月5月くらいに産卵し、夏から秋には 当歳魚=鉛筆サイズ が 姿を現します。 大型をだけを狙うなら春のノッコミ期に、数を狙うなら 夏から秋の 当歳魚メインの時期がお勧めです。

釣具は?
釣り方は、 仕掛けに付けたロケットで コマセを 撒きながらの釣りが 主流です。手酌で コマセを撒き、 延べ竿の 簡単なウキ仕掛けで釣る やり方もあります。ロッドは ロケット仕掛けの場合は、 小型スピニングリールで オモリ負荷 5号 から 6号 2.4m から 3.3m前後 の サヨリ竿 または 万能竿 延べ竿の場合は、場所にもよりますが、4.5m から 6.0m前後の 渓流竿などがよく使われます。
仕掛けの一例は こちら(クリック) と こちら(クリック) にあります


餌の付け方は?
餌には、大粒アミ 青イソメ ゴカイ 白はんぺん などが使われます。





大粒アミは、 尾から頭にかけて きれいに通し刺しにします。青イソメ(青蛇虫)などは、細身のも や 尻尾の先端 1cmから1.5cm を 切って、通し刺し にします。はんぺんなどは、細いストローをさして、 長さ1cm前後の円筒形の形に抜いて、通し刺しします。はんぺんの抜き方は、ストローを刺し、ストローの反対側の口を指でふさぎ ストローを抜きます。 口で強く吹くと、 ストローからはんぺんが出てきます)

釣り方は?
延べ竿で狙う場合、 まず コマセ撒きからはじめます。解けたアミエビならそのまま使えますが、冷凍アミエビの場合 袋ごと海水に入れ 解凍します。 撒き方も、アミエビを そのまま撒く場合 と 海水に混ぜて撒く場合 があります。 風や流れなど 諸条件で やりやすい方法で 撒いてください。
一度に撒くコマセは 小さじ一杯 あるかないか くらいの量で、 くれぐれも 撒きすぎには注意してください。 サヨリが コマセを追って どこかへ行ってしまう場合があります。 サヨリが集まりだしたら、仕掛けを投入します。 サヨリが集まってこなければ 場所を 変えてください。 ロケットなどの仕掛けの場合は、ロケットにコマセを詰めて 即釣り開始です。 潮の流れなどの条件はありますが、コマセは ロケットだけに頼らず 手酌でも撒くと 効果的です。

当たり方と対処方
ウキがもぐるのはもちろんですが、横走りしたり、流れに逆らって止まっていたりするのも アタリです。ロケットの場合は 竿にダイレクトに アタリが出る以外にも アタリ浮きの変化にも 注意してください。 サヨリは 結構口が硬い魚です。 アタリがあったら、鋭くあわせを入れるのが無難です。 かかったら 巻き上げですが、大型サヨリの場合結構 右 左に 走ります。 隣の竿とのお祭りには気をつけてください。

タモ入れ
小型のサヨリなら どんどん抜き上げて、手返しよく次の投入をしてください。大型サヨリの場合は、タモを使ったほうが無難です。 大きさ と 仕掛けの太さで 判断してください。 



リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.