キビレってどんな奴?
まずは 写真の見てみましょう。
キビレは、海津(カイズ)、キチヌ など地方により呼び方が違います。 ご覧の通り、一見クロダイ(チヌ)のようですが やや体高があり、尻びれ、尾びれの一部が黄色になっています。 釣り方には 幾通りの釣り方がありますが、このページでは静岡県/浜名湖の ボートによるブッコミ釣りをご紹介します。

釣具は?
ボートからのブッコミ釣り場合ロッドは3m前後、リールは、中型のスピニングリールが使いやすいでしょう。
仕掛けの一例はこちら (クリック)


餌の種類と付け方は?
餌 は 時期・場所・その時の条件により異なります。 主に使う餌を上げると、 弁天蛇虫(地場の蛇虫)、チロリ、青蛇虫、アケミ貝、カラス貝、オキアミ、ボケ、カメジャコ、カッチン海老、サイマキ(車えび)、ユ虫 などです 。虫類の場合、針に沿って餌を差込み 針の根元まできたら、針先を出して、3cm前後で切るのが一般的だと思われます。 針先から たらす長さは、餌の種類や太さによっても違います。青蛇虫などは、1っぴき掛け にする場合が多いです。この場合は頭にチョンガケです。 ボケ・カメジャコ・カッチエビ・小型のサイマキ などは、尾の付け根の 1つ目の節の 中央付近を チョンガケする場合が多いです。 大き目のサイマキを使う場合は、口から入れて頭に針先が出るくらいに 掛けます。 サイマキの場合 孫針をつける時がありますが、親針は頭に 孫針は、尾の中央付近の腹側に掛ける場合が多いです。 ユ虫は 水を吐き出す方から 針先を入れて 反対側まで抜き通すやり方と 途中で針先を外に抜いてしまう、または チョンガケにするなどが あります。

場所の目安と釣り方?
目安になるのは、航路横の掛けあがり や 岸からの掛け下がり などがわかりやすいでしょう。 また、夜間 キビレは 浅場へ出てきます。 浅場に出ている潮目なども目安になります。 目標が決まったら、船を止めますが、流れに対して、真横に向けるのが一般的であり、釣り良いでしょう。 ただし、流れの強い場所や、船舶の往来が激しい場所などは転覆の危険もあるので、そういった場所は避けましょう。 竿は複数出すのが一般的です。 例えば、かけ上がり では 深い側 と 浅い側に 浅場での潮目を狙う時は、複数の潮目に・・・といった具合です。 よって 船の掛け方(固定)は 釣りを左右する重要な要素であり、釣りの一部になります。釣り易く、高確率で 狙えるように 船を固定するには 経験が必要です・・・。船の固定の次は竿入れですが、狙った場所近くに、投げ込んでください。後はアタリを待ちます。

当たり方と対処方
アタリ方はいくつかあります。餌の違い や キビレの活性度合いなど 要因は色々あると思われます。 一般的な当たり方は、はじめに、鋭く ゴツン ときます。 次に 押さえ込むように グーンと竿が入ります。
 注) この時に合わせてしまうと まず すっぽ抜けになります。
逆に糸を少し送るなり、 竿を前に出すなどして 竿に掛かるテンションを無くして食い込みやすいようにして下さい。この動作を <糸送り> とか <糸を送る> といいます。 次に、また竿が入り込みます。
 注) まだ 合わせてはいけません。また糸送りをしてキビレの動きにそなえます。
大体、3回目 ないし 4回目には、今までの グーンという引き込みとは明らかに違う、締込みが来ます。 一気に疾走します
この時に、強めに 合わせを いれるのです。 くれぐれも早合わせ禁物です。
何時までたっても 疾走しない場合や 一気に疾走する場合もあります。やりとりは、ある程度強引で構わないでしょう。 自分の タックル・仕掛けの強度などに応じて、対応してください。

タモ入れ
大型にはタモ入れをしましょう。 竿で 頭を水面に出して 空気を吸わせてしまえばおとなしくなります。 魚が 水中で横泳ぎしている状態で タモを入れると、最期の一暴れで 肝を冷やすことがあります。慣れていない方は、時間が掛かっても確実な方法でキャッチしてください。

〆方
持ち帰って食べるのであれば、料理の種類は別にして 全て〆たほうが良いでしょう。




リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.