カサゴの釣り方



カサゴってどんな奴?
遠州地方で カサゴ と呼べば、 ニセフサカサゴ をいいます。(遠州地方通称オニカサゴ)その他カサゴ類としては、ハチカサゴ、アヤメカサゴ、本カサゴ、ヒオドシ、チョウカ などがあげられます。一番人気はやはり オニカサゴ で、大型のお刺身 は なんとも言えず 甘味があり珍重されます。
まずは カサゴ の写真の見てみましょう。(クリック

生息域は、時期 と 種類によって 若干の違いがあります。釣り時期としては、冬場がメインです。

釣具は?
遠州灘 西方面 の カサゴ釣り は 主なターゲットはチョウカで 中深海五目釣りになる場合が多いです。オモリは 120号〜300号負荷。 ロッドは 先調子。ちなみに ロッドアートの 中深海ロッドは こちらです  (クリック)
リールは、 ダイワなら600番手以上 シマノなら4000番手以上、仕掛けは、ハリス12号前後 全長3m前後 の 2本針ないし3本針 針はネムリ18号前後吹流しになります。 仕掛けの一例はこちら (クリック)

遠州灘東方面 から 駿河湾・伊豆にかけては、 主にオニカサゴが ターゲットです。 標準的なタックルは、オモリ負荷120号から150号 と若干軽めになります。リールも1ランク下のサイズでよいでしょう。

餌の付け方は?
餌 は 主に サバの切り身、イカの短冊です。大きさや長さは対象によって若干変えます。大体 全長 8cm前後 から 15cm前後 です。(アバウトです) 付け方は、「チョンガケ」 で 水中で ヒラヒラ 動くようにして下さい。
イカの短冊 は 硬くなったりしますので、 ナイフの背で叩くなどすると効果的です。また、切れ目を入れると、動きが変わり有効です。


大きさを気にするより、切り方と付け方に気を配ってください。水中で回転すると、喰いが悪くなります。

釣り方は?
持ち竿が基本 になります が 波気の状態によっては置竿で十分釣れます。底魚だからといって、天秤ごと ずってしまうような 釣り方だと、小型が多かったり、数が釣れなかったりします。 カサゴの目の位置は頭の上に付いています。、常に上から落ちてくる餌を見ているのです。体型から 泳ぎはあまり上手ではないでしょうが、海底から上ほうへ飛び上がってきます。
カサゴにも種類によって性格があり、ハチカサゴが 一番 飛び上がって 喰って来やすいようです。 次は オニカサゴ で チョウカ アヤメ 本カサゴ は 同程度のようです。 幾種類かが混在する海域で、カサゴ釣りをした場合、それぞれの 釣れた種類の割合・大きさ などから、その人の 釣り棚が 高かったのか、低かったのかが ある程度 判断で来たりもします。 状況にもよりますが、くれぐれもベタ底は禁物! 目安としては、仕掛け全長の 1/2 から 全長 分 上げましょう。

当たり方と対処方
コツコツときますので、竿をスーと立てて 「きいて」 見ます。 重みを感じて、「クンクン」 と 引けば 針掛していますので、 リールを巻きます。 大型になると巻き上げ途中、「ゴツンゴツン」 と 何回かやりますが、竿を〆こんでしまうようなことはありません。 ラインを緩めないように一定のスピードで巻き上げてください。 

タモ入れ
チョウカ・オニカサゴは水圧に強く、水面でバレると、潜っていってしまいます。大きさ や 針のかかりどこ で 必要ならタモで上げてください。

〆方
頭の後ろの側線(背骨) と 尾びれの付け根 です。 あまり血の出る魚ではありませんが、ドロッ とした血の塊が出てくればOKです。 オニカサゴは、背びれの刺などに 毒が ありますので、 暴れなくなったところで、ハサミ で 刺の先端を 落としておくと安心です。




リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.