アマダイってどんな奴?
まずはアマダイ(アカアマダイ)の写真の見てみましょう (クリック

本州中部から、東シナ海までの水深60m〜200mにかけての砂泥地に棲息していしています。体色 や 顔つき 特に目が「ウルウル」して、かわいい感じのする魚です。 雑食で、小魚、虫類、甲殻類 何でも食べるようです。釣る場合は、オキアミが主ですが、ホタルイカ・青ジャムシなども使います。見た目の可愛らしさとは違い、結構パワフルな魚で、主に冬の釣りになります。(何柄年中 釣ろうと思えば 釣れますが・・・) 比較的大型のいる遠州灘のアカアマダイは、 60cmオーバー 2kg超級 を狙ってアマダイファン が 冬の遠州灘に集結します。

釣具は?
遠州灘 の アマダイ釣り は 比較的 太い仕掛けになります。大型アカアマダイ や 更に パワフル かつ 高級な シロアマダイがいるからです。 ロッド(竿)は、2.1m〜2.7m の 100号〜120号 負荷の 7:3調子 が使いやすいでしょう。リールは、電動リールならPEライン6号が300m入るくらいが良いでしょう。ダイワなら500番手  シマノなら3000番手 クラス。
仕掛けを自分で作ってみましょうという人はこちらへ (クリック)

アマダイつりの場合、仕掛けバランスはとても重要です。
「船による違い」、「乗っている釣り座による違い」、「波気による違い」、「底潮の流れの速さによる違い」 いろいろです。  たくさんの種類を持っていくと 用意も大変です。2種類 ないし 3種類 くらいで準備して行って、後は、状況で釣行中に調整してください。仕掛けパーツを 持っていくと 様々な状況に対応できます。(ハリス・サルカン・ハリ・ガンダマ・集魚用ビーズ などなど)

餌の付け方は?
餌 は オキアミですが、大粒で 身がしっかりした ちゃんと目のついているものを使ってください。尻尾の一節を切って、切り口から 針の軸に沿って グルッ と 差し込んできます。
オキアミが まっすぐに なるようにして下さい。曲がって着いたオキアミは、水の抵抗 で 回ってしまい、喰いが悪くなります。
抱き合わせて、餌を大きく見せてアピールする方法もあります。
餌取が多い時は、オキアミと同じ か ちょっと長いくらいのイカの短冊をオキアミ で サンドイッチにして つける場合もあります。

釣り方は?
持ち竿が基本 になります が 波気の状態によっては置竿で十分つれます。アマダイは、穴を作って 餌の来るのを待っています。  泳ぎ回っている時もありますが、海底から あまり上方には 離れません。餌が 海底に 着かず離れず の状態を 保つことが 釣果を上げます。  底から50cm 以内を 漂わせる イメージです。餌が 底に 着いても サッと底に 触る程度です。底をずってばかりだと、 ガンゾウビラメ や ヘビ(アナゴ) など が喰ってき易くなります。

アマダイ釣りは、マメに棚を合わせることが 大切です。また、餌取の多い時がありますが、餌取のペースを判断して、マメに餌チェックをすることです。  ただ、闇雲に 餌チェックをすれば良い というものでもなく、その時に合った 「間合い」 というものがあります。 「無駄が無い餌チェックの間合い」 を 掴みましょう。 

当たり方と対処方
コツコツときますので、竿をスーと立てて 「きいて」 見ます。  重みを感じて、「クンクン」 と 引けば 針掛していますので、 リールを巻きます。大型アマダイ や 大型シロアマダイ だと この時に 「クンクン」 ではなくて「ゴンゴンゴン」 と 〆込んでいきますので、慌てないように!  また、波気のある日 や 棚が高めで 釣っていると、 一気に 「ゴンゴンゴン」の状態になる時もあります。

タモ入れ
タモ入れは、特に必要はありません。  アマダイは水圧の関係で海面近くで浮いてきます。抜きあげてしまって差し支えありません。  というか、モタつきなく、サッと 抜きあげてしまったほうが、海面で針が外れにくいです。(稀に、針が外れて、潜って行ってしまうのも ありますが・・・)もちろん、細い仕掛けの時など、状況に合わせてくださいね。

〆方
頭の後ろの側線(背骨) と 尾びれの付け根 です。あまり血の出る魚ではありませんが、ドロッ とした血の塊が出てくればOKです。




リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.