アコウダイ(アコウ)ってどんな奴?
あまり 馴染みの無い部類 かも知れません。主に 本州 四国 太平洋側の深海に棲息しています。遠州灘では、 水深 380mくらいから580mくらいを 時期によって釣り分けています。
オモリ 400号 から 500号 を標準とし、針は 10本 から 20本 一日の 投入回数は 6回 から 8回というのが「遠州灘」スタイル。
シーズンともなると 全国各地から 「深海ファン」 が集う 数少ない名所の一つが 「遠州灘」 です。  右写真は 約4kg ですが 小さければ800g 大きいと 6kg とか 7kg 話によると 9.5kg というのも 過去に上がったことがあるそうです。

釣具は?
ロッド(竿)は、先調子 2.1m前後が使いやすいでしょう。
  ロッドアートの アコウ釣りロッドは こちらをご覧ください

リールは、miya の コマンド8HP(ハイパワー)以上 が 実績もありお勧めです。

仕掛けは
仕掛けは 10本 から 20本 針   仕掛け例はこちらをご覧ください


餌のつけ方
イカの短冊を チョンガケ です。 イカの大きさは、 幅1.5cm前後 長さ15cm前後 です。イカの硬い側 を 付けた方が 良いです。仕掛けは 「ジグ」 に かけたままで、短冊を付けていきます。
 @針先側を上に A針間 を 少し開けます B短冊をさします C短冊をステイの裏側に回しこみます D同様に全部の針につけます E裏側にしてみると  こんな感じです。
@
A
B
C
D
E

釣り方は?
釣り方の前に、投入方法を説明します。 投入は、船長の指示で、後ろから または 前から 順次投入していきます。(巻き上げも同様の場合があります)  投入の出来る体制で、船長からの合図を待ちます。(道糸 と オモリを 「餌をセットしたジグ」 に連結し、オモリをもって待ちます)  
無事投入が出来たら、着底まで しばし休憩・・・  スプールの回転が止まり、イトフケ が出たら着底です。 電動で イトフケを 取っていきます。 たまに オモリが 底に着く位を 糸を 巻いたり 出したりして 常にキープするようにします。
深海釣りの場合、道糸は 「し」 の字を描いていています。 道糸の出し方次第では、仕掛けが底張り付いてしまったりします。(あくまでも状況次第で、道糸が 逆にふけていたり、「S」の字になったりもします)

当たり方と対処方
管理人のイメージを言葉にすると アコウであれば、「コツコツコツ」 キンメであれば「クンクンクン」。 アコウの方が鋭さがあるアタリ方をします。 ちなみに、外道のトウジン は 「モソモソモソ」 サメは「グワングワン」・・・ (?)アタリガ出たら 追い食いを 狙います。ここが最大の「ミソ」となるところです。
流しが かけ上がりをやっているのか、かけ下がりなのか、流れは 速いのか 遅いのか、 道糸のふけ方はどうなのか最初のアタリが 上の針に来たのか 下なのか などなど 条件によって 次の動作が決まってきます。 平らなところで、道糸は 「し」の字 にふけていて 魚が下についた と思われる時を一例にするとリールを フリーしにて スプールを指で押さえて サミング体制 にします。
オモリを着底させ、位置がずれないように 且つ たまに 船の上下の揺れを使って、ピンピン と道糸にテンションをかけます。 船の移動に伴い、糸が出て行くわけですが、仕掛けが徐々に寝て行きますので、順次 下の針から 食ってくる という理屈です。
あくまでも一例で、条件・状況で かわります

タモ入れ
必要ありません。 しいて言えば、 水面近くで 外れたアコウは 浮いてきますのでその回収に使うくらいです。

〆方
頭の 後ろの 側線(背骨) と 尾びれの付け根に ナイフを入れてください。 お刺身を予定している場合は、〆た方が断然美味しくなります。




リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.