アジの釣り方



アジってどんな奴?
皆さんお馴染みの アジ ですが簡単にご紹介します。アジは、北海道 から 東シナ海の 広範囲に分布し、 表層 から 水深150mくらいまでが生息域です。 産卵期は、地域により異なり 時期に幅が あります。旬は、晩秋 から 初冬に かけて(遠州地方)です。群れで居るので、 釣れる時には 山ほど釣れますが、 シビア な一面もあり、釣果に差が出る魚でもあります。ご紹介する釣り方は、遠州灘の胴付きサビキ釣りになります。

釣具は?
ロッド(竿)は、2.1m〜2.7m の 80号〜10号 負荷の 7:3調子 くらいで 口の弱い バレ易い 魚ですが、コマセ撒きの関係などもあり あまり 胴調子すぎても 逆に 釣りにくかったりします。
  ロッドアートの アジ釣りロッドは こちらをご覧ください

リールは、ダイワなら500番手以下  シマノなら3000番手以下 クラス。

仕掛けは胴付きサビキ仕掛けです。
  仕掛けの例は こちらをご覧ください

時期にも よりますが サビキの選択が 釣果を左右しますので、釣り場で推奨されるものを、 幾種類か 購入しておいた方が 無難です。

アミエビの詰め方
遠州灘のアジ釣りの場合、撒き餌は 「アミエビ」 が一般的です。 冷凍のブロックで渡される場合がほとんどですので、使う分づつスライスして使っていきます。 コマセカゴの種類によりますが、解けたアミエビを詰めると 出にくいものがあります。
スライスする時に、細かく刻んで、「ミンチ」状態にしておくと、出やすくなります。 詰め方は、7、8分目 くらい、ギュウギュウ詰めは 目詰まりの元です。

釣り方は?
船によりますが、「底から何m〜何m・・・」という 指示を出してくれる船であれば 指示に従ってください。 そうでない場合でも、下図(目安ですが)のように 底から少し浮いた層で喰う場合が多いので、 着底後、1m〜2m 巻いたところで、シャクリに入ります。 シャクリ方は、1m〜1.5m幅で グングン と2回くらい あおります。

あおったら後は、ロッドを下げないで そのままの位置を保って アタリを待つか、 あおった後に、1m前後 巻き上げて、ロッドを下げて アタリを待つかして下さい。 コマセ籠が 仕掛けの上についている場合は あおった時の 頂点の位置で アタリを待つのがコツです。 
20、30秒 待って 1m位巻いて、またシャクリに入ります。 この繰り返しで 3m前後 仕掛けが上がったら、再度仕掛けを落とします。 以上の動作を2、3回繰り返したら、コマセを詰めなおします。



当たり方と対処方
シャクリ途中で コツコツコツと アタリ があったら、その場で しばし 追い食いを待ちます。 追い食いが無ければ 取り込みます。少しづつ リールをゆっくり巻く などすると 更なる追い食いの 可能性があります。(状況で 下げたりする場合も あります) あまり 待ちすぎると、すべて外れてしまう 何てこともあるので あまり欲張るのも考え物ですが・・・

タモ入れ
タモ入れを基本とします。爆釣モード になって 手換し 優先って時もありますが・・・

〆方
見た目を気にするなら 頭の 後ろの 側線(背骨)に ナイフを入れてください。 余裕が無い場合や、めんどくさい時は、首を折ってください。 お刺身を予定している場合は、〆た方が断然美味しくなります。




リンク用バナー 130×40


自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.