遠州地方の「釣りの仕掛け集」  釣りの仕掛け集  これは「遠州地方」の仕掛けです!  
 


イカ釣りの仕掛け



国内のイカの半分以上がスルメイカ。
冬季に東シナ海〜九州沿岸で生まれ、太平洋沿岸・日本海沿岸に分かれて北上する群。秋季 九州西方で生まれ、日本海沖合に分布する群夏季に各地の沿岸で生まれ、比較的小型で大きな回遊をしない群、があるようです。

一方 水深100メートルを超える海に、沖縄を除く日本列島をぐるりと取り巻くように棲息しているのがヤリイカ。 春から初夏にかけて産卵孵化。これが冬には大型になります。

どちらも寿命は一年ですが、スルメイカは初夏から夏、ヤリイカは秋から冬が釣期になります。遠州灘・駿河湾のイカ釣は、「プラヅノ」が一般的で、ヤリイカは 11cm スルメイカは 14cm が標準です。イカの大きさにより、ツノのサイズ・糸の太さは変えていきます。

イカ釣ビギナーさんは、5本からスタートすることをお勧めします。ツノには種類がありますが、その時に釣れているツノを購入してください。
ツノの選択で釣果が変わります。