遠州地方の「釣りの仕掛け集」  釣りの仕掛け集  これは「遠州地方」の仕掛けです 
  

アジ釣りの仕掛け

 
アジは、北海道から東シナ海の 広範囲に分布し、 表層 から 水深150mくらいまでが生息域です。産卵期は、地域により異なり時期に幅があります。旬は、晩秋 から 初冬に かけて(遠州地方)です。管理人としては、初冬のアジの 刺身 ・ たたき ・ なめろう が 脂が乗っていて、最高に美味い! と 思います。(独断) 

遊漁船の 釣り方としては 胴付きサビキ仕掛け が一般的です。「当たりサビキ」 は、 地域や その年によって 違ってきますので 釣行前に情報を入手してください。細仕掛け から 太仕掛け まで ある程度幅広く用意しておくほうが無難です。

どの魚も 同じことが言えますが、季節により 喰いの良い時 と 悪いときがあります。沖のアジつりの場合、喰いの良い夏から秋にかけては、太仕掛けをおすすめします。アジ釣りをしていると、アジを追ってヒラメや青物が飛びついてくることがあります。幹糸が7号前後でハリスは5号以上が良いでしょう。

初冬から 真冬に かけては、水温の低下に伴い喰いがどんどん悪くなります。このような時は、港で 豆アジを 釣るような 細仕掛け(ハリスが0.8号とか0.6号など)が 効果があります。ただ沖でやる場合に、 0.8号 0.6号は あまりに細く針も小さいので、バレやハリス切れなどは覚悟しておいてください。


  
自己紹介とお店案内店主・お店 の紹介はこちら       Q&Aご意見・ご感想・お問い合わせはこちらから

Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.