ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
ガイドフレームが曲がった。 実例 @
NSGガイド仕様のロッドで、大物とのやり取り中に、ガイドフレームが潰れるように曲がった。
簡単に言うと 原因は「力負け」です。ガイドフレーム強度が、負荷に耐えられなかった ということです。
その他、ガイドを突いてしまって曲がった。誤って 踏みつけてしまったなど が 事例として挙げられます

処置
程度によりますが、ペンチ で 元にもどすことができます。 ただし、 ガイドリングを押さえている部分に 歪が 生じ ガイドリングが 取れる場合があります。
交換修理が望ましいでしょう。

予防法
取り扱いに注意し、突いたり 踏みつけたりしないようにして下さい。
対象魚に合った、ロッドを使用してください。特に、「ドラッグ機能を使えない釣り」では、力を逃がせないので、それなりのロッドをチョイスして下さい。


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.