ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
ガイドリングが割れた 実例 @
釣行時、予備竿を 船の支柱に 縛っておいたところ、トップガイドが 船の煙突に 接触しており、煙突の振動(振動)で ガイドリングが 割れた。
原因は、衝撃です。 SICリングは、大変硬い材質ですが、瞬間的な衝撃 や 繰り返しの衝撃で 割れてしまうことがあります。 
処置
交換修理してください。

事例では、トップガイドが 割れてしまっています。 釣行時 万が一、トップガイドが割れてしまった場合、トップガイド抜きでも 釣りは出来ます。 帰ってから 修理に出してください。

自分で修理する場合は、ライター、ペンチ、カッター(紙やすりなども可) 瞬間接着剤 または エポキシ接着剤 で修理ができます。 ロッドを回しながら、ガイドのパイプ部分をアブリます。  (注)ガイドが飛び出す場合があります。
すばやく、ペンチで挟んで抜き取ってください。 
抜けたら、カッター または 紙やすりなど で ブランク表面を整えます。
後は、瞬間接着剤 または エポキシ接着剤 で接着します。

予防法
持ち運び時などに、ガイドが物に ぶつからないように 心がけてください。
ロッドケース や ロッド収納袋に 入れるなどずれば 更に安心です。


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.