ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
ガイドがフレームごと 取れた 実例 @
実釣時 やり取り最中に ガイドがフレームごと 取れた。
原因は、ガイドの固定部(糸を巻いてある個所)の 強度以上の力が かかったからです。

ロッドの許容範囲以上(過負荷かかる) の釣りをした場合 や 単純に 糸の材質が 悪かったり、巻き方が 悪かったり  あるいは 老朽化で 巻き糸を含め固定部の強度が なくなっていた といったことが考えられます。

処置
ガイド部の巻き直しと コーティングが必要です。 ショップ店へ行ってください。

応急処置としては、ガイドフレームが 折れた場合と 同じです。


予防法
ロッドの 許容範囲を 異常に超えた釣りは しない。 ということと メーカー品、カスタムロッド、自作ロッド いずれも、 長年使い込んだり、巻き部分のコーティングが薄くなったりした場合には、「ガイドの巻きなおし」 をしてください。

自分で ロッドを作るときの注意としては、 ブランクの許容範囲にあったガイドを使い、それに応じた糸で 確実に巻くこと が必須です。 カラーや デザインも 気になるでしょうが、 まずは基本性能です。



Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.