ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
ガイドフレームが折れた 実例 @
DBガイドのフレームが 立ち上がってしまった。指で押さえて 簡単に戻たが数回繰り返していたら 折れた。
原因としては、取り扱い上、持ち運びの時に、ガイド部を突いてしまう ケースが大変に多いです。

また、取り扱いに注意していても、ガイドが起きてくる場合があります。これは、ロッドの曲がりの強い部分のガイドに多いです。巻上げ時、ガイドリングに接している道糸に 角度が付いて、ガイドを起こそうとする方向に 力を発生する為です。
どちらにせよ、はじめのうちは 指で戻していますが、繰り返していると 金属疲労で 折れてしまいます。
ガイドフレームが折れた 実例 A
NSGガイドのフレームが、サビにより ”肉”がやせて折れた。
原因は、全く手入れしないで、使いっぱなし状態を 長期間 繰り返していたために ガイドフレームがサビたと 考えられます。 赤丸の部分はとくに サビすい個所です。
処置
ショップ店で交換修理してもらってください。

自分で応急処置する場合は、「ガイド」 ・ 「瞬間接着剤またはエポキシ接着剤」 ・ 「強度のある糸」 を用意し、ガイドを 糸で 巻いて固定します。接着剤を 糸の巻き始め と 巻き終わり部分に 塗って乾けば完了です。(あくまでも応急処置です)
予防法
ガイドが起きないようにすること と サビ無いようにすることです。

持ち運び時、ガイドを突かないように注意し、使用後の洗浄を心がけてください。


洗浄は、水を当てて、塩を落とすだけでも、ずいぶんと違いますが、出来れば お湯・ぬるま湯 での洗浄がよいです。 上図の赤丸は、汚れや ゴミが 付き易い個所で、汚れや ゴミと一緒に 塩分も付いています。 たまには 歯ブラシのようなもので擦ってください。 また、長期間使用しない場合は、よく洗浄した後 油分を うっすら着けておくと よいでしょう。

*)ロッドを使っていると 自然にガイドが起きてきてしまう場合は、予防法はありません。
これは、ガイド強度とロッド全体の構造から起こるものです。
4回、5回とガイドが起きたら、早めに交換してください。(現場で折れる前に・・・)
ガイドの種類を交換したり、ガイド位置を調整して治るケースもあります。ショップ店に相談してみください。


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.