ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
バットのリール脱着部のネジが止まらない 実例
リングナット部の磨耗により、ネジが止まらなくなってしまった。
アルミバット(アルミリールシート)の場合ですが材質がアルミということもあり、ネジ部が磨耗してしまう場合がある。
処置
セパレート式のロッドの場合
@磨耗がリングナット部であれば、リングナットの交換ですみます。ただし、リングナット単体では市販されていませんので、アルミのリールシートを購入して流用することになります。注意点としては、メーカーにより 太さやネジピッチが 違う 可能性がありますので、現物を持ってお店に行きましょう。
A磨耗部がバット本体であれば、バットごと交換しかありません。同じメーカーの同じサイズのバットを購入してください。

一体型のロッドの場合
この場合は かなり厄介です。ロッドを分解するしかありません。作ってもらったお店に行って相談してください。
予防法
リールを取り付けたら、リングナットをしっかりと締めましょう。釣行中に緩んで来て、締めたり緩んだりの 繰り返しをしていると 早く磨耗します。 特に、釣行回数が多く、お手入れや、持ち運びの関係で リールを毎回取り外している方は注意が必要です。
また、砂などが 噛んだままで脱着を繰り返していると早く磨耗します。
金属の磨耗なので、取り外し回数 や 緩みによる締め直し回数 に比例しますので、工夫して長持ちするように使うしかありません。


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.