ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
バットとロッドの脱着部のネジが回らない 実例
使いっぱなしでいた為に、バット と ロッドの 脱着部のネジが回らなくなってしまった
  
写真上は グラスバット(上) アルミバット(下)です。

グラスバットの場合ですが、 リールシートに リールがセットされた状態なっており、且つ リールを固定しているネジが 目いっぱい締まっていると ロッドがわのネジが 回らない場合があります。 また、長期間セットしたままで、接合内部に 水などが入っていると
シート内部で フェルールが変形し ネジが回らない状態になります。
金属ではないので、腐食はありませんが、劣化・変形はあります。
次に、アルミバットの場合ですが、腐食によるものです。ネジそのものの腐食の場合・シート内部での腐食・あるいはその両方 の場合です。
いずれも、使いっぱなしが原因です。
処置
グラスバットから説明します。
まず、リールがセットされている状態であれば リールを外してみてください。 これでネジが回れば軽症です。  駄目な場合ですが、 まず シート内部で変形を起こしていますので、 プライヤーなどで 回してみてください。 (傷防止の保護はいりません。どのみち 変形していますので・・・) これで ネジが回って 抜ければ 「ラッキー」です。
(ただし、変形したフェルールは ショップ店で 交換してもらってください。 再度使うと同じ目にあいます。)
駄目な時は ショップ・専門店に相談してください。最悪はバットのリールシートを壊さなければなりません。

次にアルミバットの場合です。
まず、油分を浸透させてみてください。次に木槌などで 「コンコン」 と叩いて、回してみてください。 駄目な時は、ネジ部を中心として、シート全体を炙って、叩いて、回してみてください。 時間をかければ、何とかなる場合が多いです。 炙ると「Oリング」は 駄目になります。 また、油分が表面についていると、燃え出しますので 注意してください。
これで駄目な時は、ショップ・専門店に相談してください。
予防法
一番確実なのは 釣行後 取り外してからよく洗浄し 乾かしておくことです。
アルミバットの場合には、油分を うっすらと 塗るなどしておくと完璧です。
グラスバットの場合は、油分はパーツの劣化・変形につながる場合がありますので、避けてください。


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.