ロッドのトラブル
ロッドのトラブル事例(原因と対処と予防について) 

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
エポキシコーティングに割れが入った 実例
長年使っていたら、自然に割れが入った。
年数使い込んでいると、エポキシコーティングの弾力が無くなり、ブランクの曲がりに ついていけなくなって割れが入ってしまいます。使用頻度か高いと 1シーズンで 割れてくるときもあります。 
処置
割れがたくさんある場合は、オーバーホールをお勧めします。 たくさん割れ目が 出来るほど 使い込んでいる ということは、ガイド部分の傷みも 進行しています。 釣行中にガイドが飛んだ なんて事にならない為にも、ガイドの巻き替えも含めた、 オーバーホールがお勧めです。進行具合は それぞれ違いますので、 ショップ・専門店に相談してみてください。
予防法
いわば老朽化のようなものなので、特に対策はありません。保管場所は、日のあたるところは避ける といったことくらいでしょうか。


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.