ロッドのトラブル

沖釣りロッドの トラブルにも 色々とあります。
実例を掲げて、主な 原因/対処法/予防措置
についてみてましょう。
( * 新しく事例が出ましたら随時更新していきます)
 
トップガイド根元付近でロッドが折れた。 実例1
リールの巻き過ぎで折れた
ドラグが硬い状態で、リールを巻きすぎるた為に折れた。
電動リールでも、手巻きリールでも 起こる事故です。
ビギナーさんがよくやってしまう失敗ですが、巻き上げ時 上がってくる 仕掛けに 気を取られ、目いっぱい巻いているのに 気が付かないことが 原因です。
また、高切れしたときに、電動リールを リセットしなかった為に、巻き過ぎてしまう ケース もあります。

トップガイド根元付近でロッドが折れた。 実例 いろいろ
リールの巻き過ぎで折れた
事例 車のドアで挟んだ
事例 踏んづけてしまった。
事例 竿先が隙間に挟まったのを、無理やり取ろうとした。
処置
現場で予備竿が無ければ、仕方ありません このまま使ってください。
違和感はありますが、何とか釣りにはなります。
帰ってから修理に出してください。修理する場合、折れたブランクは 元に戻りません ので、ガイド間隔の関係で、2番目 あるいは 3番目ガイドまで 巻き直しする 場合もあります。ショップ店の話を よく聞いてみてください。

予防法
持ち運びなど、取り扱いに注意してください。。
釣行中であれば、ドラグを調整して、巻きすぎても ドラグが滑るように設定しておけば安心です。電動リールの場合は、自動停止しますが、機種によっては、停止位置が ずれてしまうものもあります。 自動巻取り中に、巻き終わり付近まできたら、手動で巻くなどして下さい。 


Copyright(c) 2006.11  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.